使えるポルトガル語

【ボキャブラリーを増やす】現地でポルトガル語を勉強する際に、使えるフレーズ。

今回は現地でポルトガル語を勉強する際に、使えるフレーズ。

私がブラジルに来て一番困ったことは言語です。

前にも記事に書きましたが、ブラジルの言語はポルトガル語です。

街の誰からでも、情報を聞けるようになれば、行動範囲ややりたいことが格段に増えます。

旅行に来る方の中にも、忙しくて言葉なんて覚えてられない。時間がないという方もいると思いますので、観光を目的としてブラジルに来る中で、なるべく使う頻度が多いもの、使えると便利なものを紹介していければと思います。

こんな人が覚えるといい
  • ポルトガル語を勉強したい
  • ポルトガル語のボキャブラリーを増やしたい
  • たくさんの単語を覚えたい

街中は英語がほとんど通じないブラジル

英語は、ほとんど通じないと思ってください。英語がわかる人がいるのは、

基本的に空港旅行会社ホテルやホステルのフロントちょっといいレストランくらいです。

私は、暑い夏の日に、パン屋さんで、朝のパンと一緒に、水が欲しくて「water」と言ったのですが、全く伝わらず、最終的に出て来たものを飲んだら、炭酸水だったということがありました。

水は「water」で、世界どこでも通じると思っていた昔の私にとってはとても衝撃的な出来事でした。

炭酸水と普通の水の頼み方の違いは、また別の記事に書くとします。

こんなシチュエーションの時によく使う

今回は現地で単語量を増やすのに使えるポルトガル語です。

こんな時によく使う

覚えたい単語があるとき

聞きなれない単語を聞いた時

今回のフレーズ

このフレーズはブラジルに来て勉強をする際に、何度も使える。便利なフレーズです。

これを使えば、単語に聞きなれることができます。

日本語       「これは、何ですか?」

読み方      「ウ キ エ イスト?」

ポルトガル語      「O que é isto?」

どんな場所でも、覚えたい単語や物の名前があったら、使えるフレーズです。

実際にどんな風に使うか見てみましょう。

どんな風に使うか

例:パン屋さんで

読み方がわからない物や名前を知りたいものに指差しながら

「O que é isto?」

(ウ キ エ イスト?)

日本語だと「これは何ですか?」と言ったことになります。

すると、店員さんは物の名前を教えてくれます。

まとめ

私はこれを色々なお店で試していました。レストラン、パン屋さん。

特に美味しいものを食べた時によく使いました。

美味しい食べ物の名前は紙などに書き覚えておけば、他のお店でも注文することができるようになります。

これを覚えてよかったこと
  • ボキャブラリーが増える
  • 知らない単語を覚えられる

最初は紙に書いてみて、使っているうちに暗記してきたら、ポルトガル語が上達している証です。

ブラジルに来た人の不安や不便さが少しでも軽くなり、楽しいブラジル旅行に役立ててもらえるポルトガル語をこれからも紹介できればと思います。

【ポルトガル語】初心者向け、ポルトガル語の勉強にオススメの本。ポルトガル語初心者の方が勉強できるオススメの本を紹介してみました。宿主は、ブラジルにきた時、ポルトガル語は0からのスタート。 学校などへは行かず、独学で、勉強しました。...
にほんブログ村 旅行ブログへ
   
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です