ブラジル

【新型コロナ】ブラジル・リオデジャネイロのリアルな現状・街の雰囲気。

今回はコロナのニュースを紹介しようと思います。

ブラジルでのコロナが拡大したニュースは日本でも出ているようで、ブラジル大丈夫ですか?という連絡を何件かいただきました。心配していただき、ありがとうございます。

私は、今のところ無事に生き延びております。

今回は疑問や観光のことではないですが、私が住んでいるブラジル、リオデジャネイロのリアルな現状について、お伝えできればと思います。

2020年6月20日時点、ブラジルのコロナウィルスの現状です。

この記事を読めばわかること

2020年6月20日時点での

  • 新規感染者数
  • リオデジャネイロの感染者数
  • 街の様子

2020.6.20ブラジル新型コロナウィルスの現状

ブラジルでのコロナウィルスは拡大傾向にあるのが現状です。

現時点でアメリカに続き、世界で二番目に感染者の多い国です。

100万人以上の感染者がいます。

ブラジルのコロナ新規感染者数

今日1日での新規感染者数は

54771人です。

日本と比べると、本当にたくさんの人が一日で感染しています。

現時点でのリオデジャネイロの感染者数

今日までのリオデジャネイロの感染者数は全部で

87317人

ブラジル国内では、一番のサンパウロ州に続き、二番目がリオデジャネイロです。

死亡者は国全体で5万人弱。

街の様子

私は、現在1〜2週間に一度、スーパーへの買い物しか家を出ない生活をしています。

コパカバーナの道の様子

昨日、スーパーへ行ったのですが、道には普段と変わらないくらい人がおり、中にはマスクなしで道を歩いている人もいました。

コパカバーナのお店

三月終わりから五月にかけては、スーパーと薬局、いくつかのレストランはデリバリーだけでした。

六月に入り、州からの規制が緩和されたとのことで、昨日は、ほとんどのお店が開いていました。

規制は解除されていないですが、いくつかのレストランの中では、店内でご飯をだしているお店があったり、Barも店外に机を置いて飲める場所があったりしています。

スーパーの様子

スーパーの中の品揃えはとてもよく、なくなっているものは、ほとんどありませんでした。

基本的に普段の生活と変わらず、水も、肉も、米も、果物や野菜もなんでも手に入ります。

昨日は一つのスーパーでは、小麦粉がなくなっていましたが、他のスーパーでは普通に手に入りました。

石油の暴落の影響を受け、ブラジルレアルは打撃を受けており、価値はかなり下がっていますが、国内でのインフレも今のところは特に感じられません。

まとめ

まとめ
  • 今日の新規感染者数 54771人(過去最高)
  • 今までのリオデジャネイロの感染者数合計  87317人

コロナウィルスはブラジルではまだ広がっています。

個人的な意見としては、州が規制を緩和したことで、お店も開きだし、コパカバーナの道路では、マスクをしていない人も何人かいます。そんな中で、サッカー、リオデジャネイロの州リーグは再開され、気持ち的には、三ヶ月間もステイホームしていたし、そろそろ大丈夫だろうという感覚になっている人がかなり増えていると思います。

なぜ増加しているのにもかかわらず、規制が緩和されているのかわかりません。

規制は緩和されていますが、実際には、まだ感染者が増えているので、私はまだステイホームを続けようと思っています。

これから、2、3ヶ月は、海外旅行はできないと思いますがコロナが収束し、普通の日常生活に戻ったら、ブラジルに遊びに来てください。

これからも何か大きなブラジルのニュース等がありましたら、発信していけたらと思っております。

ツイッターやInstagramからも更新すると思いますので、もしよろしければ、フォローしてみてください。

読んでいただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
   
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です