サッカー

本田はベンチ外。リーグ戦は半分が終了、折り返しの初戦ボタフォゴvsバイア。ラストプレーで失点し勝ち点1を逃す。

2020年11月8日(日)。ブラジルのサッカーニュース。

ボタフォゴの本日の試合

ブラジル全国選手権20節 vsバイア

ブラジル時間 11月 8日(日)18:15〜

日本時間   11月 9日(月) 6:15〜

リーグ戦最新3試合の試合結果はこちら

本田ゴール!2点に絡んだブラジル全国選手権19節ボタフォゴvsセアラ 試合結果本田選手がボタフォゴに移籍してから3点目。 攻撃の起点になり結果を残した試合でした。...
本田はトップ下でフル出場。2本の惜しいシュートもゴールはならず。ブラジル全国選手権第17節vsゴイアス 試合結果。2本の惜しいシュートもゴールはならず。ブラジル全国選手権第17節vsゴイアス 試合結果。本田選手がトップ下に入り、攻撃でゴールに迫る回数は増えているボタフォゴ。今日は決め切れませんでした。...
本田はベンチスタート。後半からの出場。ブラジル全国選手権第16節vsグレミオ 試合結果。足首の怪我からの復帰後、2試合スタメンでフル出場した本田選手。 今日の試合は、ベンチスタートで後半から試合出場。チームに変化をもたらすことができず、敗戦。...

最新ブラジル杯の結果

ボタフォゴはブラジル杯ベスト16で敗退で勝利賞金6000万受け取れず。本田はフル出場。2020年11月3日(火)。ブラジルのサッカーニュース。 リーグ戦最新3試合の試合結果はこちら https://ri...
試合速報、前半惜しいフリーキックも!ブラジル杯第5回戦、第一試合vsクイアバ戦。ブラジル杯ベスト16の試合が行われました。 ボタフォゴはクイアバと対戦。スタメンフル出場の本田選手でしたが、失点に絡み、得点はならず。...
この記事を読めばわかること
  • 今日までのボタフォゴの今年の成績
  • 試合のボタフォゴメンバー
  • 試合結果
  • 本日の本田圭佑選手

今年のボタフォゴの現状 2020/11/7

今年のチームの成績

リオデジャネイロ州リーグ 本年度終了

グループリーグ突破したものの、準決勝でフルミネンセに負けベスト4。

ブラジル全国選手権(ブラジル国内1部リーグ)現在進行中

第19節が終了、18試合行い3勝11分4敗。20チーム中14位。

ブラジル杯(日本の天皇杯のようなもの)ホーム&アウェイ 本年度終了

ベスト16でクイアバに敗退。

10/27 0vs1負け(ホーム)、11/3 0vs0(アウェイ)

ボタフォゴとは?本田圭佑所属のボタフォゴはどんなチーム?2020年3月に本田圭佑選手がボタフォゴに移籍しました。ボタフォゴのチームの歴史、どんなチームなのかについてまとめています。...

今日のボタフォゴのメンバー

ボタフォゴvsバイア 試合結果

前半         0−0
後半         0−1
試合終了       0−1
結果は敗戦

前半

ゴールなし。

後半

49分 バイアゴール

アディショナルタイムのラストワンプレーでシュートブロックしたDFのハンドを取られPK

 

本田圭佑選手は?

過去の試合

8月12日から始まったブラジル全国選手権とブラジル杯が同時に行われている現在。

基本的に毎週水と週末(土or日)、一週間に2試合を行なっています。

国内でのホーム&アウェイもあるため、移動も含め中2〜3日で試合を行なっています。

2020年9月は1ヶ月で9試合

広いブラジルを移動しながら、約3日に1試合のかなりハードなスケジュール

本田選手は、スタメンフル出場かベンチ外での休息という形が多いです。

ブラジル初ゴールは初出場の試合で決めたバングー戦のPK。

9月の終盤から足首の捻挫の怪我を理由に、3試合連続のベンチ外。

第14節 10月7日パウメイラス戦で怪我から復帰し、フル出場。

第15節 スポルテ戦でブラジル全国選手権初ゴール。

第16節 グレミオ戦はベンチスタート、後半頭から出場。

第17節 ゴイアス戦はフル出場。惜しいシュートもあったがゴールはならず

ブラジル杯 第5回戦 第一試合クイアバ戦 フル出場。

第19節 セアラ戦はスタメン出場、後半33分に途中交代。PKでゴール。2得点目。

ブラジル杯 第5回戦 第二試合クイアバ戦 フル出場。

本日の本田圭佑選手

今日の本田選手は、ベンチ外。

怪我などの情報はないので、試合はアウェイで移動もあったため

休息といった形だと思われます。

カイピリーニャから見た今日の試合

今日の試合

ブラジル全国選手権も19節を終え、折り返しの初戦。

ボタフォゴは前半一本、後半1本とチャンスはあったものの、決められず

後半、最後のワンプレーでPKを取られ失点で勝ち点1を逃した。

今日の試合で一番目立ったのは中盤のスペースのDF。

本田選手が出場していなかったのが原因なのかはわからないが、

相手に中盤でパスを自由に回させている時間がとても長く、

ロングシュートを何本も打たれていたボタフォゴ。

一番最後のシュートも、エリア外からのシュート。

ボタフォゴのDFマルセロのももに当たり、手に当たった。

解説者は、自分ならハンドは取らないと言っていたが、

主審はVARで判断しPKとなった。

中盤でのDFが緩かった結果がPKに繋がってしまったように感じた。

ボタフォゴは終了間近で勝ち点1を逃した。

個人的に好きなボタフォゴの選手

FWマテウス・バビ(23歳)とルアン(20歳)二人の若いブラジル人選手。

背番号7番のルアン選手は、今日は出場しませんでした。

ボールの持ち方が良いのと、縦へのスピードがあります。

背番号11番のマテウス・バビ選手は、今日はスタメン出場。

今期のリーグ戦、ボタフォゴで一番得点を取っています。

細くて背が高いのですが、ボールを取られないキープ力があり、1試合に一本はチャンスを作っているイメージです。

7番と11番の選手に注目して、これからもボタフォゴのサッカーを楽しんで見ていきたいと思います。

終わりに

試合のまとめ
  • ボタフォゴvsクイアバの試合は0−1で敗戦。
  • 本田圭佑選手はベンチ外。
  • ボタフォゴは、20節を終え19試合行い3勝11分5敗で17位。

ボタフォゴの次の試合

ブラジル全国選手権21節 vsブラガンチーノ

ブラジル時間 11月16日(月)20:00〜

日本時間   11月17日(火) 8:00〜

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
   
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です