宿情報

【ブラジル日常生活】徒歩5分、木曜日限定の市場へGO!!!

Bom dia!!

今日は宿から徒歩5分ほどのところで行われる市場へいってきました。

リオデジャネイロの街では市場は曜日によっていろんな場所で開かれています。

今回は、宿の近くで行われている市場について紹介します。

この記事を読めばわかること
  1. 木曜日の市場が行われている場所
  2. 行われている時間
  3. 市場の雰囲気

 

行われている場所

市場が行われている道の名前は

Rua Ronald de carvalho – Copacabana(フーア ホナウド ジ カルバーリョ)

バスやタクシーで行かれる方は↓

【使えるポルトガル語編】地下鉄やバスに乗る時の不安を解消するポルトガル語。移動の時に使えるフレーズ。タクシーやUberを全く使わない。バスや地下鉄での移動を考えている人が覚えると便利なポルトガル語。...

google map 検索すると・・・・・

行われている時間・曜日

宿の近くで行われるのは毎週木曜日

時間はだいたいAM8時ごろ〜PM2時半ごろ

私の場合は、新鮮な魚を買いたい場合は、朝早く。

野菜やフルーツなどを買いたい場合は、1時半〜2時ごろに到着するように行きます。

2時ごろ市場の終わり頃に行くと、フルーツや野菜は、安くなっています。

物によっては、半額程度で買えることもあるので、2時ごろがオススメです!

市場の雰囲気

市場は通常なら、車の通る道路を封鎖して、開かれます。

木曜日限定で、新鮮でスーパーより安いものもあるので、結構たくさん人がいます。

COPACABANA の「RUA RONALDO DA CARVALHO」

いろんなフルーツが売っています。日本にはないものも・・・・!?
 カラフルで新鮮なフルーツが沢山!!
 近所に住んでいるブラジル人も沢山いて、毎週にぎわっています
 オレンジはいろんな種類があります!!
 家に飾ったり、プレゼント用の花屋さんも!!

終わりに

フルーツ・野菜・魚・肉などが売っている市場。

その場で食べられるタピオカやパステルといったブラジルのB級グルメも売っています。

私は、いつも魚や野菜・フルーツを買っていますが、朝ごはんにタピオカやパステルを食べに市場へ行くこともあります。

曜日が合わないと行くことはできませんが、ブラジル人の日常生活に触れられる場所です。

見ているだけでも、とても楽しいので、リオに来られた際は一度いって見てください。

にほんブログ村 旅行ブログへ
   
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です